MAISON YVES DUPORT

ビュジェのワイン

ビュジェのワイン





Le contenu de cette page nécessite une version plus récente d’Adobe Flash Player.

Obtenir le lecteur Adobe Flash



ル・ビュジェ
 
ビュジェ、その歴史ははるかかなたにまでさかのぼる 

ビュジェの歴史は、ジュリアス・シーザーと共に来たローマ人による征服が始まる紀元前58年にさかのぼります。ビュジェはガリアの首都リオンに近く、イタリアへの道中に位置するため、その当時大変栄えました。

9世紀よりビュジェは第2期ブルグント王国と神聖ローマ帝国の支配下に相次いでなります。サン・シュルピス修道院やシャルトルーズ・ド・ポルト修道院(1115年)などのような多くの修道院が建築されました。修道士たちはぶどう畑の栽培を広げます。そしてベレーとその地域はサヴォワ公の支配下となります。

18世紀には第一産業として労働者階級による国内のぶどう栽培の発展が定着します。フランス革命の初期はJ.A.ブリヤ・サヴァランという人が第3政府の代議士になります(ブジェ地方の代表代議士)。彼は“Physiologie du gout”(味覚の生理学)という食通関連の参考文献の著者でもあります。 ナポレオンの時代はアン県という行政区分にありました。


19世紀終わりのフィロキセラ災害と第一次世界大戦によりぶどう畑は減少しました。« 様々な出来事を乗り越え、今もなお、数世代にわたりぶどう栽培のノウハウを永続できる家族であることに誇りを持っています。»



 

歴史と共にあるワイン
農業技術に長けたローマ人がこの地域でガリア期の最初のぶどう畑を発見しました。中世に修道士たちがぶどう畑の栽培を増大させました。1958年にビュジェのワインはAOC(原産地統制名称)に認定されました。 家族の伝承、畑の心土や向きはぶどうの品種の選択を決定づけます。これらの選択とワイン醸造方法により種々の異なるワインができます。

上品でまろやか、バランスよくフレッシュでしっかりしています。繊細ながらたくさんの個性を持つ複雑な香りです。


Le Bugey